TOP 病院のご案内 外来のご案内 診療科・部門のご紹介 入院のご案内 健診のご案内 お問い合わせ 交通アクセス
女性の検査技士をご要望の方は、事前にご連絡下さい。電話番号 042-742-0211
乳がん検診を受けることで乳がん死亡を防げます
マンモグラフィによる検診を受けましょう
医療法人社団仁恵会黒河内病院
40~50歳代の乳がんが激増しています。
わが国では、1年間におよそ35,000人の女性が乳がんと診断されています。これは胃がん、大腸がんと並んで、女性に最も多いがんの一つです。乳がんの特徴は、40~50歳代の女性に特に多く見られることです。例えば、45~49歳の女性で、胃がんと診断されるのは1年間で3000人に1人なのに対して、乳がんは1000人に1人と約3倍のリスクがあります。また、40~50歳の乳がん発生率は、この20年間で約2 倍に増加しています。一方、乳がんで亡くなる女性は1年間に10000人で、40~50歳代の女性におけるがん死亡の23%を占めており、この年代の女性にとって最も多いがん死亡原因となっています。
医療法人社団仁恵会黒河内病院
早期発見にはマンモグラフィー
マンモグラフィによる乳がん検診は、乳がん死亡率を減らすという意味で、有効であることが、科学的に確認されています。多くの先進諸国では、マンモグラフィによる乳がん検診が推奨されており、アメリカやイギリスでは40~50歳代の女性の70%以上が2~3年に1回はマンモグラフィを受診しています。その結果、アメリカやイギリスでは、乳がん発生率は増加しているにもかかわらず、乳がん死亡率が減少し始めています。わが国では、2000年から50歳以上の女性に対するマンモグラフィ(視触診併用)が有効と判断され、老人保険事業に導入されていますが、受信率は2%程度にすぎません。この結果、わが国では乳がん発生率が増加し、それに比例する形で乳がん死亡率も増加し続けています。
マンモグラフィとは
マンモグラフィは、乳房を片方ずつ、X線フィルムを入れた代と透明なプラスチックの板で挟んで、乳房を平らにして撮影します(これを圧迫といいます)。圧迫により、乳房内部の様子を鮮明に写しだすことができ、さらに、放射線被ばく線量を少なくすることができます。圧迫の際に痛みを伴うことがありますが、痛みの感じ方は人によって違います。。検査全体は10分程度かかりますが、圧迫をしている時間は数十秒です。生理前の1週間を避けると痛みが少ないようです。乳房の大小にかかわらず、撮影は可能です。
マンモグラフィにより、視触診ではわからない早期がんの発見が可能になります。マンモグラフィで発見される乳がんの70%以上は早期がんで、乳房温存手術を受けることができます。
2年に1回の受診をお願いします。
2年に1回の受診でも、毎年受診した場合とほぼ同様の有効性が示されています。
ただし、受診後でも、新たにしこりを触れた場合には、速やかに乳房疾患の診療を専門とする乳腺外科等の医師を受診するようにしてください。
マンモグラフィ(視触診併用)による乳がん検診を受けると、通常、受診者1000人中50人(5%)の方に精密検査が必要となります。さらに、精密検査を受けた50人の中で、乳がんと診断されるはおおよそ1~2人(2~4%)です。すなわち、受診者1000人中1~2人の方が乳がんと診断されます。精密検査が必要とされた方すべてが乳がんではありませんが、50人に1~2人という確率はかなり高いものです。精密検査が必要と言われたら、必ず受診しましょう。
マンモグラフィ
施設画像認定
日本乳がん検診精度管理中央機構の施設画像認定を取得しています。
ならびに同機構の認定放射線技師がいます。
医療法人社団仁恵会黒河内病院
ページのトップへ戻る
乳がんQ&A
医療法人社団仁恵会黒河内病院

2005年から40歳以上の女性を対象にマンモグラフィをとりいれた乳がん検診が市町村で実施されていますが、なぜ40歳以上となったのですか?

マンモグラフィによる乳がん検診は、平成12年度から50歳以上の女性を対象に実施されてきましたが、「がん検診に関する検討会」において検討した結果、40歳代の患者数が増加していること、40歳代においても検診の有効性が確認されていることなどの理由により、対象が40歳以上の女性にまで拡大されることとなりました。

30歳代の人はどすればよいのでしょうか?

40歳未満の女性については、市町村が行うがん検診では対象とならない場合が多いと考えられます。しこりが触れるなどの自覚症状を認めるときは、速やかに乳房疾患の診療を専門とする乳腺外科等の医師を受診するようにしてください。

マンモグラフィを受ける頻度は、なぜ2年に1度となったのですか?

専門家で構成される「がん検診に関する検討会」において、乳がん検診の受診間隔について検討した結果、2年に1度とすることが適切であることが報告されたためです。ただし、しこりが触れるなどの自覚症状を認めるときは、検診の機会を待つことなく、速やかに乳房疾患の診療を専門とする乳腺外科等の医師を受診するようにしてください。

視触診のみの検診は有効ではないのですか?

視触診のみの検診では、死亡率減少効果が示されていないので、マンモグラフィと組み合わせて受診することをおすすめします。

超音波(エコー)検査による乳がん検診は有効ではないのですか?

現時点においては、超音波(エコー)検査による乳がん検診の有効性については、正確な評価を行うためのデータが十分には得られておらず、今後の検討にかかっています。また、機器や撮影・読影技術が均一ではなく、検診における診断基準も統一されていないため、現在、ガイドラインを定めることが検討されています。

精密検査では、どのような検査が行われますか?

精密検査として、マンモグラフィの追加撮影、超音波(エコー)検査を行ったのに、必要に応じて穿刺吸引細胞診(注射針でしこりの部分の細胞を吸引する)や針生検(マンモトーム生検を含む。)を行います。さらに、MRI(核磁気共鳴像)検査やCT(コンピュータ断層撮影)検査を行うことがあります。

乳房温存手術とはどんなものですか?

「乳房温存手術」とは、主に早期のがんを対象として、乳房の形をできるだけ温存しようとする手術です。しこりを含む部分を切除し、必要に応じてわきの下などのリンパ節を切除します。これに対して「乳房切除術」は乳房すべてを切除し、わきの下などのリンパ節を切除する術式です。

どんな人が乳がんにかかりやすいですか?

出産していない方、高齢初産の方、初潮が早く始まった方、閉経が遅かった方、閉経後に肥満となった方、血縁者に乳がんの人がいる方などに、乳がんが多い傾向があります。

放射線(X線)被ばくによる健康影響はないのですか?

マンモグラフィによる放射線(X線)被ばくは、主に乳房だけで、白血病の発生など骨髄などへの影響はほとんどありません。1回の読影で乳房が受ける放射線の量(0.05ミリシーベルト)は一般の人が1年間に受ける自然放射線量(2.4ミリシーベルト)の50分の1程度です。マンモグラフィによる健康影響は、ほとんどないと考えてよいと思われます。

[参考]
乳がんや乳がん検診について、さらに詳しい情報をお知りになりたい場合は、以下のホームページなどをご覧ください。
国立がんセンターがん対策情報センター
「がん情報サービス」

医療設備情報
黒河内病院では、最新型のマンモグラフィ検査装置にて検査できます

医療法人社団仁恵会黒河内病院

『コニカミノルタPCMシステム』を構成する4つの装置の特長は以下のとおりです。
Mermaid(マーメイド)
世界で初めてX線位相コントラスト技術を応用した乳房X線撮影装置です。位相コントラスト技術を応用することにより、物体のエッジが強調され、従来のマンモグラフィでは見えにくかった乳がん診断の重要なファクターである乳腺構造や、腫瘤、微小石灰化などの病変を鮮明に撮影できます。撮影には、専用の半切サイズのカセッテを使用し、1.75倍の拡大撮影を行います。
REGIUS(レジウス) Vstage(ブイステージ) MODEL(モデル) 190
カセッテに書き込まれた撮影済み画像データを、読み取る装置です。画像データは世界最小の43.75μmピッチで読み取られ、約7000万画素もの超高密度の画像データとなります。
CS(シーエス)-3
『CS-3』は、REGIUSシリーズの共通コンソールで、読取画像に対して最適な画像処理を施します。PCMシステムでは、石灰化から脂肪層まで、乳房内の重要な診断領域に十分なコントラストを与え読影に寄与します。また、左右乳房位置自動合わせ機能や乳房撮影装置とのX線照射条件連携機能を搭載しています。
DRYPRO(ドライプロ) MODEL(モデル) 793
『DRYPRO MODEL 793』は、『Mermaid』で1.75倍拡大撮影した画像を1/1.75に縮小し、世界最小画素サイズの25μmで画像をフィルムに書き込むことができます。さらに、出力フィルムは、医療用イメージングシステムで世界初の最高濃度D=4.0を実現しました。これにより、マンモグラフィにおいては、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会のバック濃度評価基準最高点数を実現しました。25μm書き込みと最高濃度D=4.0により、マンモグラフィ画像の読影に最適な画像提供をお約束いたします。
コニカミノルタPCMシステムの主な仕様
乳房X線撮影装置 Mermaid(マーメイド) 型式:MGU-100B形
薬事承認番号:21000BZZ00717000
管電圧設定 小焦点 22~35kV(1kVステップ)
大焦点 22~39kV(1kVステップ)
mAs設定 小焦点 2~200mAs(21段階)
大焦点 2~600mAs(26段階)
焦点寸法 小焦点 0.1mm
大焦点 0.3mm
ターゲット角度 10°(小焦点)/16°(大焦点)
陽極材質 Mo(モリブデン)管
SID 65cm(等倍撮影)/114cm(PCM撮影)
フィルタ(厚さmm) Mo(モリブデン)/Rh(ロジウム)  (0.03/0.02)
陽極最大蓄積熱容量 300kHu(210kJ)
撮影アーム回転角 最大+180°~ -150°
撮影モード AEC搭載(等倍撮影、PCM撮影双方に対応)
AEC検出器 縦/横 7ポジション、検出器XY移動(サイズ小・大切り替え)
オートローテーション機構
(左右MLO同一角度再現)
自動角度設定可能
圧迫板自動退避機能 搭載
照射結果取得 焦点サイズ、管電圧、管電流、照射時間、mAs値、
乳房厚、圧迫厚、Cアーム角度など
装置寸法 本体 W780mm(アーム回転時は最大1560mm)×D1158mm×H(最大値)2280mm
X線高電圧装置 W800mm×D300mm×H850mm
X線操作パネル W502mm×D145mm×H60mm
装置重量 本体 400kg
X線高電圧装置 105kg
X線操作パネル 2kg
電源容量 本体 単相交流200V 4.1kVA
ページのトップへ戻る
トップページ病院のご案内外来のご案内診療科・部門のご案内入院のご案内健診のご案内交通アクセスお問い合わせ個人情報保護方針
ホームページ制作 Copyright© Kurokouchi Hospital All right reserved.