TOP 病院のご案内 外来のご案内 診療科・部門のご紹介 入院のご案内 健診のご案内 お問い合わせ 交通アクセス

理事長挨拶

医療法人社団仁恵会黒河内病院

当仁恵会の成り立ちは、昭和39年8月に「黒河内外科医院」の名称で、外科・整形外科を中心とした有床診療所を開院致しました。開院時より救急告示医療機関の指定を受け、地域医療の為に力を注いで参りました。
昭和63年7月には病院を設立、平成10年4月には介護老人保健施設、平成11年4月には訪問看護ステーション、平成12年3月には居宅介護支援センターを立ち上げ、現在では医療、福祉、保健の3本柱を掲げ、地域に根ざしたサービスができることを目指しております。
また、開院時より患者様への対応として、Smile(笑顔)、Speed(迅速)、Sensibility(豊かな感性)という「3S」運動を心がけております。特に3番目の「豊かな感性」をもって、患者さまに接することが何より大切なことだと考えております。
昔は、医療は医者を中心に患者さまの診察をしておりましたが、今は患者さまを中心としたチーム医療が行われています。当院も医師、看護師、薬剤師、放射線技師、検査技師、栄養士、事務職員とあらゆる分野の職員が力を合わせて、「病気を診るのではなく、病人を診る」ということをモットーに患者さまの診療に当たっています。
医療法人社団仁恵会黒河内病院


院長挨拶

医療法人社団仁恵会黒河内病院

院長の黒田賢二です。黒河内病院は今まで救急医療を中心に外科、整形外科を主体としてやってきましたが、現在さらに内科を加えて医療の充実、最先端医療機器、マンモグラフィー、CT・超音波機器を充実させ地域の皆さまに愛され頼られる病院になるように職員一同、努力したいと思っております。よろしくお願いいたします。
医療法人社団仁恵会黒河内病院



ページのトップへ戻る

病院理念

医療法人社団仁恵会黒河内病院

ページのトップへ戻る

病院概要

名称 医療法人社団仁恵会 黒河内病院     (救急告示病院)
理事長 黒河内三郎
病院長 黒田賢二
入院設備 病床数51床 特別室(1)・個室(7)・2人室(3)・3人室(4)・6人室(1)・8人室(2)・ICU(1)
診療科目 整形外科・内科・消化器内科・循環器内科・漢方内科・外科・消化器外科・脳神経外科・皮膚科・麻酔科・リハビリテーション科・放射線科
その他 健康診断・各種予防接種・人間ドック
所在地 〒252-0305 神奈川県相模原市南区豊町17-36
電話 医療法人社団仁恵会黒河内病院
FAX 医療法人社団仁恵会黒河内病院
駐車場 台数 60台
関連施設 介護老人保健施設 相模大野
訪問看護ステーション 相模大野
ページのトップへ戻る

設備紹介

■オープンMRI■
医療法人社団仁恵会黒河内病院 体内にある水分を磁気に共鳴させ、電波を受信して画像を撮影する装置。オープン型の利点を活かして、装置の中心から外れてしまう関節や動態検査も行え、広く開放した装置なので閉所恐怖症の方や小児やお年寄りなども安心して受診できます。
脳疾患、脊椎疾患、関節疾患の精密検査で使用します。

オープンMRIの詳細


■64列多列検出器(MD)CTを導入しました!(2016/9)■
医療法人社団仁恵会黒河内病院コンピューター断層撮影装置
  • 前機種の4列CTから64列CTへと大きくグレードアップすることが出来ました!
  • 全身どこでも0.625㎜の高精細撮影が可能になりました!
  • 通常の横断面像はもとより、MPR像や3D立体画像も詳細な形態を描出することが出来るようになりました!
  • 64列CTの性能を活かした1ランク上の画像をご提供します。

64列多列検出器(MD)CT

医療法人社団仁恵会黒河内病院 


■多機能デジタルX線テレビシステム(2015/11導入)■
医療法人社団仁恵会黒河内病院 身体を透視しながらX線撮影する装置
胃のバリウム検査に多用されていましたが、装置の進化により多目的の検査が出来るようになりました。
  • 17×17インチの大きなFPDにより、広視野・高精細な透視・撮影が可能となりました。
  • 一般撮影(通常のレントゲン)として使用出来、画質が向上しました!
  • 少ないX線量で撮影出来るので被ばく線量が減少しました!
  • 撮影部分が1.5mまで離すことが出来、寝台も47cm高まで下がるので、高齢の患者様にも安全で安心して検査が受けられます。
  • 骨粗鬆症関連三団体の推奨検査法(DXA法)による精密な骨密度測定が行えます!
  • トモシンセシス(断層)撮影が行えますので高精細なX線画像が撮れ、通常写真では判別出来ない微細な病変を描出することが可能となりました。


■マンモグラフィ装置■
医療法人社団仁恵会黒河内病院 マンモグラフィは乳房専用のレントゲン装置です。
乳房をはさみ込んで(乳房に圧迫をかけて)撮影する特殊な装置です。
また、PCMシステムと呼ばれる、世界初の位相コントラスト技術を用いて安全で鮮明な画像を得ることが出来ます。
またACE検出器により、自動的に撮影台が移動するため、被検者のポジショニング負担を軽減します。
■胃十二指腸内視鏡■
医療法人社団仁恵会黒河内病院 内視鏡とは、先端にレンズのついた管を体内に差し入れて観察し、場合によっては処置・治療をする消化管スコープです。
当院で扱う内視鏡は、挿入部がФ6.0mmという超細径でありながらФ2.0mmのチャンネルを装備した画期的な装置です。
被検者の負担を最小限に抑え、高い解像度の画面観察が可能であり、全内部管路のブラッシング洗浄も実現します。

■血液脈派検査装置■
医療法人社団仁恵会黒河内病院 血管の硬さ、血管のつまり具合、血圧バランスを検査することで、動脈硬化の程度や血管年齢を検査する装置です。
動脈硬化が進むと脳出血・脳梗塞・狭心症・心筋梗塞・全身障害(閉塞性動脈硬化症)といった、命に関わる病気になる可能性があります。
この検査は非常に簡単におこなえ、5分程度で終了します。

■超音波診断装置■
医療法人社団仁恵会黒河内病院 超音波診断装置は,プローブと呼ぶ超音波の受発信装置から超音波を発して,その反射波から画像を生成する装置です。
超音波は安全性も高く、リアルタイムでの画像診断が可能であることから、産婦人科だけでなく、循環器などあらゆる領域で活用されています。
■その他設備■
・X線一般撮影装置
(デジタル画像装置)
・X線TV装置
・スパイロメーター
・ERCP検査装置
・生科学分析器
・大腸内視鏡
・血液ガス分析装置
・気管支内視鏡
・人工呼吸器
・間接鏡
・カウンターショック
・眼底カメラ
・腹腔鏡下手術設備
ページのトップへ戻る

院内風景

医療法人社団仁恵会黒河内病院
ページのトップへ戻る

関連施設(仁恵会グループ)

ページのトップへ戻る

福利厚生契約施設

TOKYO HarvestClub 静波海岸

クリックすると拡大表示されます。

静波海岸概要 静波海岸詳細
ページのトップへ戻る
トップページ病院のご案内外来のご案内診療科・部門のご案内入院のご案内健診のご案内交通アクセスお問い合わせ個人情報保護方針
ホームページ制作 Copyright© Kurokouchi Hospital All right reserved.